宅建とは? 宅建に独学合格する無料通信講座

スポンサードリンク

2012年07月12日

宅建とは?

宅地建物取引主任者(たくちたてものとりひきしゅにんしゃ)は、宅地建物取引業法に基づき、宅地建物取引業者(一般にいう不動産会社)の相手方に対して、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う国家資格者である。通称宅建(たっけん)。

宅地建物取引主任者は、1958年に、当時の建設省が、宅地建物の公正な取引が行われることを目的として創設した資格である。なお、当初は、宅地建物取引主任者ではなく、「宅地建物取引員」という名称であった。
(wikiより抜粋)

宅建とは宅地建物取引主任者の資格を取るために試験であり、宅地建物取引主任者とは土地や建物の賃貸や売買などの契約時に重要事項の説明などを行う人のことである。
何故このような人がいるかと言えば、不動産という大きな金額が動く取引において、取引内容の説明や責任の所在などを説明することで、正しい判断の元に取引ができるようにするためである。

契約をする際に重要事項の説明をするのが、この宅地建物取引主任者であり、有資格者でなければその説明をすることができない。

またこの試験は年齢・性別・学歴・国籍等の制限は一切なく、誰でも受験できるというのが特徴である。
高校生くらいの学力があれば合格は充分に狙えるものであり、実際に高校生の合格者もおり、一緒に勉強をするなどの理由から専業主婦の母親も一緒に受験したりすることもある。

求められる知識は民法、宅建業法、建築基準法など多岐に渡るが、宅建業法以外はそれほど深い知識は求められない。宅建業法については他に比べてより深い理解が必要であり、その分試験内容における点数配分も大きい。

スポンサードリンク

【宅建の試験の最新記事】
posted by seto at 14:44| 宅建の試験