宅建試験情報 宅建に独学合格する無料通信講座

スポンサードリンク

2012年07月13日

宅建試験情報

宅建の試験の詳細は財団法人不動産適正取引機構のホームページにて詳細あり。

受験資格は年齢・性別・学歴・国籍等の制限は一切なく、誰でも受験できる。

受験申し込みについては、インターネットで毎年7月上旬〜中旬、郵送では毎年7月上旬〜下旬の期間に所定の申し込みをする。
郵送による申し込み用紙については、各都道府県別に配布場所が上記ホームページに記載してあるが、大型の書店などで置いてあるところもある。
書類郵送の場合には写真が必要であるため、郵送と合わせて、コストがかかるためインターネットでの申し込みが安価である。
インターネットによる申し込みの場合はデジカメ等で証明写真として自分の写真を撮り、パソコンなどで必要なサイズに加工してそのデータを添付する。写真加工に必要なソフトは無料で配布されている。
受験申し込み時に希望試験会場を決めるが、先着順に決まっていくため、速やかに申し込みをした方が良い。アクセスの良い場所などは人気が高いため、申し込みが遅れるとその会場での受験は不可能となってしまう。

受験手数料は7000円
いったん払い込まれた受験手数料は、申込みが受理されなかった場合を除き、返還されないので注意。

受験日は毎年10月中旬の日曜日であり、時間は13時〜15時の2時間。
ただし、登録講習修了者は、13時10分から15時まで(1時間50分)。
当日は、12時30分から受験に際する注意事項を説明があるため、それまでに自席に着席する必要がある。
試験時間中の途中退出は不可。
途中退出をした人は棄権又は不正受験とみなされ、採点されない。

合格発表は毎年12月上旬。ハガキにて合格通知が届く。

宅建の試験内容は、宅地建物取引業に関する実用的な知識を有するかどうかを判定するものとして50問/50点満点であり、合格水準はだいたい33点〜36点程度である。

スポンサードリンク

【宅建の試験の最新記事】
posted by seto at 17:49| 宅建の試験