代理 宅建に独学合格する無料通信講座

スポンサードリンク

2012年07月18日

代理

代理とは契約において、本人に代わって契約を行うこと。代理を行うには顕名する必要がある。善意無過失の相手にそれをしなかった場合は代理人自身が契約者となってしまう。基本的には代理人の行った契約は本人に帰属する。

代理人には制限行為能力者を選ぶことができ、制限行為能力者であることを理由に契約を取り消したりすることはできない。

代理人が詐欺をした場合は、相手方は取り消しができる。逆に代理人が詐欺に合った場合は、本人が取り消せる。代理人は取消権を持っていないと取り消せない。また本人も特定の契約を指示したときや、詐欺について悪意・善意有過失の場合は取り消せない。

代理についてはあらかじめ許諾した場合を除き、原則として双方代理を禁止されている。
ただし、例外として、債務の履行や登記の申請は双方代理を許される。

代理人はやむを得ない事情があるとき、もしくは本人の許諾を得たときは、復代理人を選ぶことができる。
復代理人は代理人と同じ権利を有するが、選任したとしても代理人の代理権は消滅しない。また代理人の代理権がなくなると、復代理人の権利もなくなる。

<無権代理>
代理人としての権利を持っていないのに、勝手に代理人として契約などを行うことを無権代理という。
無権代理によって行われた契約は、本人が後から追認することで有効となるが、本人の意思に反して勝手になされた契約なのでそもそも無効であるため、後から取り消したりはできない。(取り消す必要がない)


相手方は本人に追認されたことを知るまでは、例え追認されていたとしても取り消すことができるが、善意である場合に限られる。

追認された契約は、契約した時点から代理行為があったものとみなされる。追認は相手方・無権代理人のどちらに行ってもよい。

相手方は本人に対して催告することができ、本人が確答しないときには追認は拒絶されたものとみなされる。

相手方は善意無過失であるとき、無権代理人に履行または損害賠償の請求をすることができるが、無権代理人が制限行為能力者であるときには請求ができない。

無権代理人が本人を相続した場合は、相手方の請求を拒むことはできない。
逆に本人が無権代理人を相続した場合は、追認を拒絶することができるが、相手方が善意無過失であれば履行または損害賠償の義務を免れることができない。

<表見代理>
無権代理人が、契約における本人の責任によって、代理人であるかのような外観を備え、相手方が善意無過失であるとき、この無権代理については表見代理が成立する。

表見代理とは、上記の条件を備えたもので、簡単に言うと代理人ではないのに、代理人のように見えてしまうこと。権利を持っていないのに持っているように見えること。

相手方は表見代理が成立したときに、本人に対して契約の効果があると主張するか、もしくは無権代理人に対して無権代理であることに対して履行・損害賠償の請求をすることを、どちらにするか選ぶことができる。

スポンサードリンク

【勉強(権利関係)の最新記事】
posted by seto at 17:28| 勉強(権利関係)