債務不履行、契約解除、手付 宅建に独学合格する無料通信講座

スポンサードリンク

2012年07月18日

債務不履行、契約解除、手付

債務不履行とは債務者が債務を履行しないことであり、これには履行不能履行遅滞の2種類がある。

同時履行の場合は、相手方が履行の提供をしたときから、履行遅滞に陥る。

債務不履行による契約解除は、履行不能の場合は直ちに解除できるが、履行遅滞の場合は相当の期間を定めて催告をし、期間内に履行がなければ解除できる。

契約において損害賠償の予定額を決めていた場合は、例え裁判所でもその予定額を増減することはできない。
また違約金には損害賠償の予定としての違約金と、違約金としての違約金の2種類があるが、取り決めをしなかった場合には損害賠償の予定として推移される。

<解除>
解除とは契約をはじめから無かった状態に戻すこと。これが行われた場合には原状回復の義務が発生し、金銭を受領していた場合には受領時からの利息を付けて返さなくてはならない。
また原状回復義務は同時履行の関係に立つので、相手が返さなければ、こちらも返さなくてよい。

解除の場合は損害賠償の請求はできる。

解除したときに、目的のものが第三者に渡っていた場合には、第三者の善意・悪意を問わず、登記を先に備えた者の物となる。

解除を行うためには、一度契約が成立している必要がある。そのため、第三者の善意・悪意を問わず、解除前でも解除後でも、どちらの場合でも先に登記を備えた者の物となる。

<手付>
手付とは、契約の際に買主が売主に交付するお金のこと。

解約手付とは、契約を解約する場合に手付を使って解除をするように定めた手付のことで、お互いに相手方が履行に着手していないことを条件として、買主は手付の放棄、売主は手付の倍額を返すことで、自己都合で解除できる。
この場合は損害賠償を請求することはできない。

債務不履行による解除の場合は、原状回復義務により手付は買主に返還され、それとは別に実際の損害額を損害賠償として請求できる。

スポンサードリンク

【勉強(権利関係)の最新記事】
posted by seto at 17:31| 勉強(権利関係)