法定地上権、根抵当権 宅建に独学合格する無料通信講座

スポンサードリンク

2012年07月18日

法定地上権、根抵当権

<法定地上権>
同一の所有者が持つ土地付き建物のうち、土地(もしくは建物)のみに抵当権を設定し、抵当権が実行された結果、土地の所有者と建物の所有者が別々になってしまうときに、建物について地上権が自動的に成立することを法定地上権という。

ここで大事なことは、一番最初に土地と建物があり、なおかつその両方を同一の所有者が持っていなくてはならないということである。
そしてその後で、土地(もしくは建物)のみに抵当権を設定することで発動するのだが、これらの手順や所有者が違う場合には、法定地上権は発生しないものとして単純に考える。

<一括競売>
更地に抵当権を設定した後、建物を建てて、その後で抵当権によって競売が行われる場合には土地と建物を一緒に一括して競売することが認められている。
ただし、この一括競売によって抵当権者が弁済を得られるのは、土地についてのみである。抵当権はあくまでも土地についてかけてあるからである。

<根抵当権>
根抵当権とは、一定の範囲に属する不特定の債権を極度額まで担保する抵当権のこと。
被担保債権の範囲については、どんな債権でも根抵当権で担保するというような包括根抵当権は禁止されている。

元本の確定前に1つ1つの被担保債権が譲渡されても、その債権を譲り受けた者は、根抵当権を取得できない。
根抵当権は、確定した元本のほかに、利息・延滞損害金のすべてを極度額まで担保する。

元本の確定請求については、根抵当権者はいつでも請求できて、請求したときに確定をするが、根抵当権設定者は、根抵当権設定時から3年経過してからでしか請求ができず、さらに請求をしてから2週間経過で確定する。

なお、極度額の変更については、利害関係人の承諾が必要である。

スポンサードリンク

【勉強(権利関係)の最新記事】
posted by seto at 17:57| 勉強(権利関係)