固定資産税 宅建に独学合格する無料通信講座

スポンサードリンク

2012年07月24日

固定資産税

<固定資産税>
固定資産とは土地・家屋・償却資産などのことであり、それを持っていることに対してかかる税金を固定資産税と言う。取得した翌年度から持っている限り課税される。
課税主体は固定資産が所在する市町村であり、納税義務者が住んでいる市町村ではない。
納税義務者は、1月1日現在の固定資産の所有者が1年分の納税義務を負うことになり、年度の途中で所有者が変わったとしてもそれは変わらない。
所有者として登記されているものが死亡している場合は、使用者が納税義務を負う。
納付方法は普通徴収である。

<税率>
固定資産税の標準税率は100分の1.4%である。

<課税標準>
固定資産課税台帳に登録されている価格。
免税点は課税標準が土地に関しては30万円未満、家屋に関しては20万円未満である。

<課税標準の特例>
○小規模住宅用地
200u以下の部分は、登録価格の6分の1。

○一般住宅用地
200u超の部分は、登録価格の3分の1。

<新築住宅に対する税額控除の特例>
床面積が50u以上280u以下であるものの中で、総床面積の2分の1以上が住居部分の割合であるものが対象。
その中で床面積120uまでの住居部分の税額の2分の1が控除される。
中高層耐火建築物(地上階数3階以上)の場合は新築後5年間、それ以外の住宅は新築後3年間が控除期間となる。

◆固定資産税と不動産取得税は、用語が似ているものが多く出るので、用語と数値を正確に覚えて、ごちゃ混ぜにしないように気をつける。似ていることを利用した引っ掛け問題などに引っかからないようにする。

スポンサードリンク

【勉強(税・価格の評定)の最新記事】
posted by seto at 14:39| 勉強(税・価格の評定)