宅建の試験 宅建に独学合格する無料通信講座

スポンサードリンク

2013年08月06日

手付〜宅建通信講座〜

本日は解約手付を使うことによる解除を勉強していきましょう。

まず手付についてですが、そもそも手付というのは売買契約を締結するときに売主と買主の間において、買主側から売主側へ交付するお金のことです。
手付にもいろいろと種類がありますが、解約手付や違約手付、または損害賠償の予定額としての手付などがあります。
どれというのを決めずに手付けを交付する場合は解約手付と推定されるとしています。

では、今度はその解約手付についてですが、これは基本的には契約を解除したくなったときにはこれを使用することによって解除しようと売主と買主の間でお互いに納得をした上で決められるものとなっています。
解約手付を使えば、債務不履行がなかったとしても、自分の都合で解除をすることが可能であり、解除された側がこれに対して、別途に損害賠償を請求することはできないとしています。お互いに納得をしているという前提があるからです。

買主が解除するときには、自分が交付した手付を放棄することで契約を解除することができ、また売主側が解除をするときには、手付けの倍額を返還すれば解除ができるとされています。

手付の問題においては、その契約が解除しようと思ったときにどの段階であるかというのを一番に注目していなくてはいけません。
なぜなら、手付による解除をする場合には相手方が履行に着手している場合には不可能になってしまうからです。このときに自分が履行に着手しているかどうかは問われません。
問題を読むときも契約の段階をよく確認するようにしましょう!

スポンサードリンク

posted by seto at 13:57| 宅建の試験