体験談 宅建に独学合格する無料通信講座

スポンサードリンク

2012年07月24日

宅建独学1年目のお話

別ブログの方で宅建の独学勉強をしていたときの1年目の様子は大体書いてありますけど、なんとなく振り返りながらこちらにも書いてみようかと。

当初は仕事の都合もあって宅建を取ろう、いや取らなくてはならなかったわけですが、そのために勉強はどうしようと一人で頭を悩ませるところからスタートしておりました。まぁフツーですよ。
そして貧乏性なこのわたし。いかに教材を買わずに勉強できるかというところに焦点を置いて考えるようになりました。すでに脱線気味です。

まず最初に考えたのは参考書です。本屋に行って色々と見てみますが、どれも良さそうだし、どれもよく分からんという感想でした。ぶっちゃけどれでもいいんじゃね?
それならそれで一番簡単そうなのを買っても良かったのですが、簡単すぎて内容が薄くても困る。

むぅ…と考えながら今度はネットで調べてみました。宅建の勉強ってどうすればいいだってばよ!

すると多く見つかったのはとりあえず過去問死ぬほどやれ!というような内容。宅建など過去問やってりゃ普通に受かる!みたいな?

おいおいそれは本当かい?と若干疑いながらも、過去問をやるというのは王道であろうと理解し、何を思ったか、参考書なんかなくても過去問があればいいという情報に惑わされ、その道を突き進むことに。これ即ち修羅道なり(後日談)

よーし、俺は宅建の過去問だけで今年いきなり独学で受かっちゃる!と息巻いて過去問を探すのですが、過去問の本の値段も馬鹿にならないということを知ります。何故に丁寧に解説が書いてあるものは教科別とかになっているのか!全部揃えたらけっこうなお値段じゃないですか。

むぅ…とまた考えながらネットで調べると、何やら宅建のゲームが出ているとのこと。そういえばわたしがよく使っているPSPでも宅建のゲーム見たことあるなぁ、なんて思ってそのゲームを調べてみると、色んな機能が満載!過去問いっぱい!夢いっぱい!

我、天啓に導かれり!

俺が勉強するべきはこのゲームやったんや!と喜び勇んで、一点の疑問も抱かずに買いました。
それからというもの、こんなもんただのクイズゲームと一緒だぜ!と狂ったようにやってみたのですが、どうにもこうにも回答率が上がりません。
不安を覚える日々もありましたが、それを上回るやりこみっぷりでもう答えの全てを暗記する勢いでやりまくりました。

そのうちゲーム内の小テストでも満点などを取れるようになってきて、わたくしいい気になってしまいました。

宅建の奥深さも知らぬ素人であったわたしは、たかが宅建のゲームが出来るようになったことで、宅建の知識を得たと勘違いしていたのです。

試験の直前まで、これでもかというくらいやりこみまくってですね。

結果、惨敗。

まぁ、一応努力の成果が少しは見られる点数でしたけど、所詮その程度でした。
う〜ん。ゲームは悪くなかったんだけど、ゲームだけではテストはクリアできんのかと身を持って知りました。
posted by seto at 14:30| 体験談