勉強(税・価格の評定) 宅建に独学合格する無料通信講座

スポンサードリンク

2012年07月24日

その他の税

<贈与税>
贈与税とは、財産をもらった際に課される税のこと。
贈与された財産の合計額から基礎控除額110万円を引いて、額に応じた税率をかけて計算される。
親から贈与を受けた場合は「相続時精算課税」を選択してもよい。

<地価公示法>
土地の価格のめやすとして、土地価格を判定して公示すること。
一般の土地取引の際には指標として取引を行うように努めなくてはならない。
また、不動産鑑定士が鑑定評価を行う際や公共事業用地の取得価格算定の際には基準としなくてはならない。
2人以上の不動産鑑定士が標準地の価格を鑑定評価するが、それにあたっては近傍類地の取引価格から算定される推定の価格、近傍類地の地代等から算定される推定価格および同等の効用を有する土地の造成に要する推定の費用の額を勘案して行わなければならない。

<不動産鑑定評価基準>
不動産の効用が最高度に発揮される可能性が最も富む使用を前提として把握される価格を標準として形成することを最有効使用の原則という。

不動産鑑定評価によって求める価格の種類
・正常価格(市場性有する・条件を満たす)
・限定価格(市場性有する・市場が相対的に限定)
・特定価格(市場性有する・正常価格の前提となる諸条件を満たさない)
・特殊価格(市場性を有しない)


鑑定評価の方法
・原価法(再調達原価を求め、減価修正を行って、積算価格を求める手法)
・取引事例比較法(取引事例を収集して、事情補正および時点補正を行い、比準価格を求める手法)
・収益還元法(純収益の現在価値の総和を求めることで収益価格を求めること)

上記3方式を併用して評価する。

スポンサードリンク

posted by seto at 14:51| 勉強(税・価格の評定)